オンラインショップ ご利用ガイド

和漢薬房のオンラインショップにご来店誠にありがとうございます。

お問い合わせはこちら
電話番号

日曜・祝日は電話受付しておりません。

(不定期で土曜お休みの場合がございます。詳しくはTOPのカレンダーをご覧ください。)

メールアドレス

フラッグご注文について

オンラインショップでのご注文は、パソコン・タブレット・スマートフォンに対応しております。
携帯電話(フィーチャーフォン)のお客様は誠にお手数ですがお電話(0120-10-6127)にてご注文くださいませ。
ごくまれに、スマートフォンやタブレットなどの端末をお使いの場合はお使いのブラウザ(Internet Explorer、Google Chrome、Safari、Firefoxなど)によってご購入処理が正常に行われない場合がございます。
その際はお手数ではございますが、別のブラウザをご利用いただき改めてご注文ください。
<ご注文の流れ>
【1】商品を選択して、購入数を選び購入してください。
【2】注文確定直後に、『自動配信メール』が送られてきます。

※この時点ではまだ当店とのお取引は完了しておりません。

【3】注文完了後、商品の発送が完了いたしましたら『発送完了メール』をお送りさせて頂きます。お荷物追跡番号等も記載されておりますので、ご確認くださいませ。

※通常1~4日営業日以内 

ご注文内容に確認事項が発生した場合にはメールまたは電話にてご連絡をいれさせていただきます。

※銀行入金・郵便振替をご選択の方は、ご入金先のメールをお送りいたします。10日以内にお振込くださいませ。入金完了後の発送となります。

※当店よりメールが届かない場合は、お取引が正常に完了していない場合もございますので、当店までお問合せください。

フラッグご注文確認メールについて

セキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように、ご登録いただけますようお願い申し上げます。


こちらのドメインをご登録ください。

@wakanyakubo.jp

フラッグお支払について

商品受け取り時に直接配達員へお支払い下さい。

【1】代金引換 (代引き手数料:一律300円(税別))

※贈り物などご依頼主と配送先が異なる場合、商品代引でのお支払いはご利用いただけません。

【2】銀行振込(前払い)

銀行振込をご希望の場合、ご入金の確認が取れ次第の発送となります。

なお、ご入金の際の手数料はお客様のご負担となります。 あらかじめご了承ください。

  • ■大垣共立銀行
    一宮南支店 当座 217 ワカンヤクボウ(カ
  • ■ゆうちょ銀行
    《ゆうちょ銀行間のお振替》
    記号番号00870-6-136102 ワカンヤクボウ(カ
  • 《他銀行からのお振り込み》
    店番〇八九(ゼロハチキュウ) 当0136102

【3】クレジットカード決済

カード会社

【ご利用可能回数】一括払いのみとなります。

【クレジットカードご利用についての注意点】

ご注文いただいた際の決済は『仮決済』となり、実際の決済とは異なります。 実際の決済は商品をお客様のお手元へ発送した後、各カード管理会社へ実決済として計上いたします。そのためご利用明細上は、ご注文日と利用決済日が異なることがあります。あらかじめご了承ください。お引き落とし日時や明細につきましては、ご利用のクレジットカードの締め日や、契約内容により異なりますので、ご利用のクレジットカード会社に直接お問合せをお願いいたします。

<お支払い期限>

銀行振込または郵便振替をご希望の場合、ご入金の確認が取れ次第の発送となります。(1~3日で発送予定。ご注文内容により発送日は異なります) また、ご注文から10日以内にご入金が無い場合は、ご注文をキャンセルさせていただきます。

フラッグお届けについて

<お届け方法>

宅急便(配送は基本的にヤマト運輸でお届けいたします。国内配送のみ。)

▶お荷物追跡はコチラからできます。 http://link.rakuten.co.jp/0/000/005
<送料>     
注文金額1円~10,000円~
送料540円無料

<お引き渡し時期について>

代金引換・クレジットカード決済の場合は、1~3営業日内に発送いたします。
銀行振込の場合は、ご入金確認後1~3営業日内の発送となります。
(北海道や沖縄、離島の場合は御届けに時間がかかる場合があります。) ※天候・交通事情により、また商品の在庫によってはご希望日より1~2日程度お届け日が遅れる場合がございますので、予めご了承願います。 お急ぎの場合はお問い合わせ下さいませ。

<指定できる時間帯>

「9~12時」「12~14時」「14~16時」「16~18時」「18~20時」「20~21時」
ご自宅への配送をご希望になられない場合、ヤマトのセンター(営業所)留めが可能です。
ヤマトのセンター(営業所)はコチラ(http://www.e-map.ne.jp/p/yamato01/)にて検索いただきご注文時(ご注文用紙)に指定先をご連絡下さい。

フラッグキャンセルについて

お客様のご都合による返品は原則としてお受けできませんが、お届け希望日時のご指定のある商品でまだ発送されていない商品についてのみキャンセルをお受けいたします。 発送の状況等、詳細は当店までお問い合わせください。

フラッグ返品、交換について

<返品、交換について>

商品の出荷には十分注意を払っておりますが、万一、商品が不良品や破損の場合また数量不足及び商品違いでの事故の場合はお手数ですが、至急、当店へのご連絡お願い申し上げます。 正常な商品での返品につきましては「お届け送料+ご返却送料」をお客様ご負担の上お戻しください。 また商品発送後のキャンセルにつきましては「お届け送料+ご返却送料」をご請求申し上げますのでご注意ください。 納品日より6日以内。

<当社免責事項>

  • ○お客様のご都合でご不在が続いたために商品の品質が悪くなってしまった場合
  • ○保存方法、ご注意等を十分ご理解いただいていないために商品の品質が悪くなってしまった場合
  • ○他店の商品、および類似品との比較による違いの場合
  • ○当店に一切のご連絡なく商品をご返品された場合
  • ○予期できぬ事故・災害等によるトラブルがあった場合

フラッグQ&A

皆様から頂いたご質問をまとめました。

Q:和漢薬とは?

A:和薬と漢薬(漢方薬)の総称。
「和薬」とは,漢方から学んだ日本の民間で開発された生薬のことで、
「漢薬」とは,中国で開発された生薬をいいます。
西洋医方に対し,和漢の医方で用いられてきた生薬を主とする薬で、広義には生薬全体を示す用語として解釈されています。

江戸時代、中国から伝わった医学のことをオランダの医学の『蘭方』と区別する意味で『漢方』と呼び、独特な日本の風土の中で発展してきたものが『和漢薬』です。ですから漢方の基となった中国では漢方という言葉は使わず『中医学』や『祖国医学』というのです。

私たち日本民族は四方を海に囲まれ様々な文化を日本人の繊細な感性で素晴らしいものに成長させることで発展してきました。乾燥した大陸の医学を湿気の多い四季のある日本で生きる私たちに合う形に試行錯誤してきました。その先人の方々の恩恵に感謝し、その知恵をまた次の世代に成長させて伝承していきたいと考えております。

Q:和漢薬と西洋薬の違いは?

A:和漢薬は身体全体に注目して身体のバランスを改善し、自然治癒力を引き出すのと同時に、病気になりやすい体質を治すことに主眼を置いています。
即効性がないと誤解されますがそんなことはなく、病気で具合が悪い時に即効性を発揮するだけでなく、長期間にわたって飲み続けることで、病気の予防つまり体質改善の役割もあるのです。また不定愁訴と呼ばれる病気ではないが不調という場面を得意とします。
それに対して西洋医学では、患部を直接治療しウイルスや細菌などに効く薬を服用します。病名に対して化学的に合成された素材を使用します。痛みや熱などの身体の反応を『不具合』と認識し『止める』ことに主眼を置きますので長期連用することで、本来私たちの身体が持っているバランスをとる能力が低下してしまいますので注意が必要です。酷くしてしまった時の対処療法として有効です。

Q:和漢薬、漢方薬は身体にやさしいといいますが、副作用はないのですか?

A:生薬など自然界にあるものを原料にしたものですが、副作用はあります。服用される方の体調・体質にあったものでないと本来の薬の効果が発揮できません。詳しくは、各商品詳細をご覧ください。

Q:他の薬との飲み合わせが心配です。

A:複数の薬を同時に服用すると、効き目が強くなり過ぎることや、逆に効かなくなることがあります。ご購入前に確認させて頂きますのでお電話かメールにてお問い合わせ下さい。

Q:薬は飲み過ぎても大丈夫ですか?

A:体内で許容量を超えると副作用などを起こすこともあるので、使用量や服用時間を守るようにしましょう。詳しくは、各商品詳細をご覧ください。

Q:錠剤や液剤などによって効果は違いますか?

A:薬の形は薬本来の作用を効果的に引き出すためのものです。粉・液剤は吸収が早く、錠剤・カプセルはコーティングの種類によっては作用を持続させる工夫がされていることもあります。
和漢薬は香り、味もお身体に影響を与える大切な要素ですので、できればオブラートなどは使わずにお飲み下さい。

Q:薬はお茶やコーヒーで薬を飲んでもよいですか?

A:成分によってはコーヒーのカフェインやお茶のタンニンなどが薬の効き目を増強させたり、逆に成分を溶けにくくすることがあります。水かぬるめの白湯で飲まれたほうがよいでしょう。

Q:かぜ薬と滋養強壮ドリンク剤は一緒に飲んでもよいですか?

A:ドリンク剤は疲労回復や栄養補給のためのもので、風邪薬と併用することでウイルスへの免疫力も高まり、治りが早くなります。
詳しくはお電話かメールにてご相談ください。

Q:効き目が表れるまで薬を飲み続けるべきでしょうか?

A:対処療法として数日間(添付文章に記載あり)服用しても効果が表れない場合は、ご相談下さい。

相談方法

ご不明点等ございましたらお気軽にメール、お電話をお願い致します。ご来店ご希望のお客様は一度お電話頂けますとスムーズにご相談をお受けできます。
<医薬品に関する相談時の連絡先>
電話番号

アフターケア

『健康も病気も1日にしてならず』ですから、皆様の生涯健康に寄り添わせていただけるよう定期的にイベントも開催しております。
また予防生活カウンセリング(要予約)も受付しておりますので、あなたにあった商品選びにご活用下さい。